タイトル

美容院におけるレセプションの仕事

レセプションとは宴会や歓迎会の意味にあたり、受け取るという意味の言葉で、転じてホテルのフロントや披露宴などの受付という意味になります。
つまり美容院のレセプションとは、受付の意味を指し、顧客との直接的なやり取りをする、いわば美容院の窓口です。
美容師のようなカットやパーマをかけるなどの技術的な仕事ではなく、受付などの接客と事務仕事が主となるため、資格を持たずとも美容院での職に就くことができます。
その分、作業内容は会計、予約管理、顧客情報の管理、電話対応など多岐にわたり、その他の事務的な雑務のほとんどがレセプションの仕事となります。
美容師は技術があっても顧客の対応が苦手な人も多く、受付でお迎えからお見送りまでを行い、予約などで顧客のフォローをするなど美容院の顔となるため、非常に重要な位置にある仕事だと言えます。
混み合っている場合は、席への案内やドリンクの提供、アフターカウンセリングを行うこともあり、接客に優れている以外にも、臨機応変に対応できる人が求められます。

美容院のレセプションについて

レセプションは美容院の店舗の顔ともいえる重要な存在です。
業務内容としては受付、会計、予約や顧客情報の管理、電話対応、レジ操作など多岐にわたり、店舗によっては清掃やDM作成と発送、カウンター周りの装飾などを任される場合もあります。
美容院のレセプションの大きな特徴としては髪を綺麗にするために来店する方々に常に見られているという点があげられ、受付の方の印象がそのまま店舗の印象として受け止められることもあるため、ヘアスタイルはもちろん、ファッションやネイルにも気を配って常に美意識を高くもつことが必要とされます。
これに加え常に相手のことを考えてふるまう気遣いや、美容師がスムーズに施術を行えるように案内や手続きなどをサポートする能力が求められます。
レセプションになるためには特に資格などは必要なく、転職サイトや美容室のHPなどで募集されています。
就業形態としても社員もしくはバイトから選べ、接客業なので土日は出勤を義務付けられているサロンも多いでしょうが、残業も少なく休みも取りやすい職種です。
給与に関しても一般事務と同程度の額に設定されていることが一般的です。
美容師の資格はないけれど、美容業界で働いてみたいという方にはおすすめの仕事です。

recommend

ブルガリ買取

Last update:2017/6/8